オートメーション道場

RPAツール「Automation 360」(旧Automation Anywhere A2019) の使い方についてまとめていきます。

入力値のCos関数を得る

入力値のCos関数を得る

Automation Anywhere A2019で変数を使った四則演算以上のことを行うには工夫が必要です。入力値のCos関数を計算するには、外部スクリプト (VBScript, JavaScript, Python) を使う方法とBot Storeのパッケージを使う方法があります。

 

目次

 

数字型変数 $x$を作成、初期値=3として、cos($x$)を求める方法を考えます。

 

VBScriptを使う方法

VBScriptを呼び出す方法を使って入力値のCos関数を計算します。

 

解法:

  1. 数字型変数の$x$をあらかじめ作成しておきます。初期値として3を代入します。
  2. VBScript : 開く」アクションを配置します。
  3. アクションの詳細パネルで以下を指定します。
    • VBScript」は「手動インポート」を選択。
    • 「ここにスクリプトを入力します」には以下を設定。

      Function Calc(x)
        Calc = Cos(x)
      End Function

  4. 保存します。
  5. VBScript: 関数を実行」アクションを配置します。
  6. アクションの詳細パネルで以下を指定します。
    • 「実行する関数の名前を入力します」は「Calc」と入力。
    • 「関数への引数」には「x - 数字」を設定。
    • 「出力を変数に代入」には「prompt-assignment - 文字列」を指定。
  7. 保存します。
  8. VBScript: 閉じる」アクションを配置して、保存、実行します。
  9. 「メッセージボックス : メッセージボックス」アクションを配置してアクションの詳細パネルの「表示するメッセージを入力します」に $prompt-assignment$ を指定します。
  10. 保存して実行します。

結果:

「-0.989992496600445」と表示されます。

 

JavaScriptを使う方法

JavaScriptを呼び出す方法を使って入力値のCos関数を計算します。

 

解法:

  1. 数字型変数の$x$をあらかじめ作成しておきます。初期値として3を代入します。
  2. JavaScript : 開く」アクションを配置します。
  3. アクションの詳細パネルで以下を指定します。
    • JavaScript」は「手動インポート」を選択。
    • 「ここにスクリプトを入力します」には以下を設定。

      function Calc(x){
        return Math.cos(x);
      }

  4. 保存します。
  5. JavaScript: JavaScriptを実行」アクションを配置します。
  6. アクションの詳細パネルで以下を指定します。
    • 「実行する関数の名前を入力します」は「Calc」と入力。
    • 「関数への引数」には「x - 数字」を設定。
    • 「出力を変数に代入」には「prompt-assignment - 文字列」を指定。
  7. 保存します。
  8. JavaScript: 閉じる」アクションを配置して、保存、実行します。
  9. 「メッセージボックス : メッセージボックス」アクションを配置してアクションの詳細パネルの「表示するメッセージを入力します」に $prompt-assignment$ を指定します。
  10. 保存して実行します。

結果:

「-0.9899924966004454」と表示されます。

 

Pythonを使う方法

Pythonスクリプトを呼び出す方法を使って入力値のCos関数を計算します。

Pythonランタイム環境がインストール済みであることが前提です。

 

解法:

  1. 数字型変数の$x$をあらかじめ作成しておきます。初期値として3を代入します。
  2. Pythonスクリプト: 開く」アクションを配置します。
  3. アクションの詳細パネルで以下を指定します。
    • Python」は「手動インポート」を選択。
    • 「ここにスクリプトを入力します」には以下を設定。

      import math

      def Calc(x): return math.cos(x)

  4. 保存します。
  5. Pythonスクリプト: 関数を実行」アクションを配置します。
  6. アクションの詳細パネルで以下を指定します。
    • 「実行する関数の名前を入力します」は「Calc」と入力。
    • 「関数への引数」には「x - 数字」を設定。
    • 「出力を変数に代入」には「prompt-assignment - 文字列」を指定。
  7. 保存します。
  8. Pythonスクリプト: 閉じる」アクションを配置して、保存、実行します。
  9. 「メッセージボックス : メッセージボックス」アクションを配置してアクションの詳細パネルの「表示するメッセージを入力します」に $prompt-assignment$ を指定します。
  10. 保存して実行します。

結果:

「-0.9899924966004454」と表示されます。

 

「数学」パッケージを使う方法

※商用版Enterprise版のみの機能でCommunity Editionでは利用不可。

Bot Store上で配布されている「数学」パッケージをダウンロードしてインストールしておくと、数学関数や数式を簡単に計算することができます。https://mathjs.org のエンジンを使って数式の解析をしています。

 

「Math : Math expression」アクションの使い方

 数式を解析します。

 

入力:

 フィールド名  型  説明

Expression

文字列   数式を指定します。変数も入れられます。
Precision 数字  有効桁数 (デフォルトは2)

 

出力:

 フィールド名  型  説明

Result

文字列   結果を出力する変数を指定。

 

解法:

  1. 数字型変数の$x$をあらかじめ作成しておきます。初期値として3を代入します。
  2. 「Math : Math expression」アクションを挿入します。
  3. アクションの詳細パネルで以下を指定します。
    • 「Expression」で「cos($x.Number:toString$)」を選択。
    • 「Result」で$prompt-assignment$ - 文字列を選択。
  4. 「メッセージボックス : メッセージボックス」アクションを配置してアクションの詳細パネルの「表示するメッセージを入力します」に $prompt-assignment$ を指定します。
  5. 保存して実行します。

結果:

「-0.99」と表示されます。

 

$x.Number:toString$の書式は「型キャスト」を使っています。詳しくは『四則演算や変数の型変換を簡単に行う』を参照してください。「Math expression」フィールドは文字列型なので、変数も文字列型に変換する必要があります。

 

 

オートメーション道場