オートメーション道場

RPAツール「Automation 360」(旧Automation Anywhere A2019) の使い方についてまとめていきます。

アクティブセルの移動 (1つ右に)

アクティブセルの移動 (1つ右に)

Automation Anywhere A2019 で Excel ワークブックの中のアクティブセルを1つ右のセルに移動するには、Excelの高度な操作」パッケージの「セルに移動」アクションを使います。

目次

 

 

Excelの高度な操作」の「セルに移動」アクションを使う方法

Excel/Office のインストールが必要です。必ず「Excelの高度な操作」パッケージのアクションとセットで使います。

例題として、アクティブセルをB2に移動させた後、ひとつ右に移動します。

 

Excelの高度な操作 : セルに移動」(Excel advanced : Go to cell) アクションの使い方

指定したセルに移動します。このアクションは、xlsx、xlsm、xslb、csv ファイルで有効です。

 

入力:

 フィールド名  型  説明

セッション名 (Session name)

文字列 セッション名 (デフォルトは "Default")
セルオプション
(Cell option)
選択肢 「セルの指定(デフォルト)」か「アクティブなセル」から選択

セルの指定
(Specific cell)

文字列

【セルオプションが「セルの指定」の場合】

セルのアドレスをA1形式で指定します。範囲指定もできます。(A5 or B2:B10)

アクティブなセル
(Active cell)
ドロップダウン

【セルオプションが「アクティブなセル」の場合】

以下の8つから選択

  • 1つ左のセル
  • 1つ右のセル
  • 1つ上のセル
  • 1つ下のセル
  • 行の先頭
  • 行の末尾
  • 列の先頭
  • 列の末尾

 

解法:

  1. 「Excelの高度な操作 : 開く」アクションを配置して対象のファイルを開きます。
  2. Excelの高度な操作 : セルに移動」アクションを配置します。
  3.  アクションの詳細パネルで以下を指定します。
    • 「セルの指定」に「B2」を指定します。
  4. Excelの高度な操作 : セルに移動」アクションを配置します。
  5.  アクションの詳細パネルで以下を指定します。
    • 「セルの指定」に「1つ右のセル」を指定します。
  6. 保存して実行します。

結果:

Excelファイルが開き、アクティブセルがB2に移動した後、C2に移動します。

 

Excelの基本操作パッケージにも「セルの移動」アクションがありますが、基本操作パッケージはExcelが開くわけではないのと、「セルを設定」アクションなど他のアクションでも書き込むセルを指定できるため、実質あまり意味がないようです。

 

オートメーション道場