オートメーション道場

RPAツール「Automation 360」(旧Automation Anywhere A2019) の使い方についてまとめていきます。

文字列の前後の空白をなくす

文字列の前後の空白をなくす

文字列の前後の空白をなくすには「文字列 : トリム」アクションを使います。

目次

 

「文字列 : トリム」アクションを使う方法

 例題として以下の文字列から前後の空白をなくします。(...スペース)の記載の位置には該当する空白文字列を入れます。

(半角スペース)あいうえお(全角スペース)

「文字列 : トリム」(String : Trim) アクションの使い方

指定の文字列から空白とホワイトスペースをカットします。。

 

入力:

 フィールド名  型  説明

ソース文字列
(Source String)

文字列   処理する文字列
最初からカット
(Trim from the beginning)
Boolean 文字列の先頭のスペース等を削除。(デフォルト=ON)
末尾からカット
(Trim from the end)
Boolean 文字列の末尾のスペース等を削除。(デフォルト=ON)

 

出力:

 フィールド名  型  説明
出力を変数に代入
(Assign the output to variable)
文字列 出力を格納する変数を指定 

 

解法:

  1. 「文字列 : トリム」アクションを配置します。
  2.  アクションの詳細パネルで以下を指定します。
    • 「ソース文字列」に「(半角スペース)あいうえお(全角スペース)」を指定します。
    • 「出力を変数に代入」に「$prompt-assignment$ - 文字列」を選択します。
  3. 「メッセージボックス : メッセージボックス」アクションを配置してアクションの詳細パネルの「表示するメッセージを入力します」に "$prompt-assignment$" を指定します。
  4. 保存して実行します。

結果:

「"あいうえお "」となります。

 

※全角スペースは「文字列 : トリム」アクションでは削除されないようです。

 

オートメーション道場